メインイメージ画像

防犯対策の鍵におけるスペアキーの作成は価値があります

あまり気にしていない人が多いですが、鍵は防犯の目的の為に利用されるのですが、たまに合鍵が作られる事もあります。そもそもほとんどのドアには、必ずマスターキーがあるのです。しかし、マスターキーの他にも、他の合鍵を作製する場合もあるのです。どうして合鍵を作る必要性が生じるのかというと、関係者がいつでも入れるようにするのが理由の一つです。

もとより防犯目的の為に、鍵を1人だけが使うとは限らないのです。建物の利用者数は、複数人の場合がほとんどです。

1人だけでなく複数の方が利用しているので、マスターキーを保有する人以外にも、鍵を持たせたいという要望もあります。なぜなら、マスターキーを持っている人は、24時間いつでも対応できるわけではないからです。時には何らか事情があって、建物から離れる事もあります。そしてマスターキーの保有者が不在状態になっていると、その建物の別の利用者の方が中に入れない事があるのです。この状態を防ぐ為、しばしば合鍵が作られるのです。合鍵を持っている人であれば、誰もが建物内に入れるようにする為です。

したがって、建物に住んでいる家族一人一人が、合鍵を持っていることも珍しくありません。

また合鍵は、紛失を防ぐために作製する事があるのです。そもそもマスターキーは1個だけなので、それを紛失すると建物内に入れなくなってしまいます。そのために合鍵を作る方法もあるのです。合鍵も紛失リスクがあるのですが、たとえそれが紛失されてもマスターキーは残っています。

たとえ合鍵を紛失してしまっても、もう一度マスターキーを元に作れば問題ありません。つまり紛失をしないように、防犯のための鍵が作られるケースもある訳です。

合鍵の作製には、一定料金が必要です。ただお金を払ってでも、合鍵を作る価値があるという意見も根強いです。したがって、リスクヘッジを重視するならば、合鍵を作るのもひとつです。